閉じる

曙橋(新宿区)周辺にある子供も楽しめる博物館など

東京都新宿区の曙橋から、自転車で行くことのできる博物館や記念館など、子供が(大人も)楽しめる施設をご紹介します。

1.東京おもちゃ美術館

[展示物]
様々な木のおもちゃが沢山あります。展示しているだけでなく、大抵のものは手に取って遊ぶことができるのが嬉しいところです。また、小学生以上は入れない部屋があるので、未就学児が安心して遊べます。雨の休日に欠かせない施設です。
[子供が楽しく遊べる工夫]
息子が小学生だったころは、行くとテーブル・フットボール(フーズボール)を何回もやっていました。その他にも、対戦できるゲームがあり、親子で行けば数時間があっという間に過ぎてしまいます。
[体験]
土日には、ワークショップが開かれていることが多く、工作が好きな子供にはお勧めです。
【総合満足度】★★★★ (5点満点で4点)
未就学児は、「木育ひろば」で遊べますが、小学高学年より上になると、木のゲームでは遊べますが、あまり身体を動かすことはできません。

[詳細データ]
名称:東京おもちゃ美術館
入館料:子供500円、大人800円、親子ペア券1,200円等
住所:東京都新宿区四谷4丁目20 四谷ひろば内
ホームページ:http://goodtoy.org/ttm/
※休館日、入館料等は、行く前にホームページ等でご確認ください。

2.消防博物館

[展示物]
昔の火消し道具などの消防の歴史を学ぶものや、ヘリコプターや消防車の展示があり、実際に乗れるものもある。
[子供が楽しく遊べる工夫]
クイズが出題されるモニターがあるコーナーがある他、年末に「クイズラリー」を開催している。
[体験]
消防車やヘリコプターの操縦席に乗れる他、消防服を着て写真を撮れるコーナーもある。
【総合満足度】★★★★ (5点満点で4点)
無料でここまで遊ばせてもらえたら、何の文句もありません。

[詳細データ]
名称:消防博物館
入館料:無料
住所:東京都新宿区四谷3丁目10
ホームページ:http://www.tfd.metro.tokyo.jp/ts/mus/mus-raikan.html
※休館日は、行く前にホームページ等でご確認ください。

3.新宿歴史博物館

[展示物]
新宿区の歴史の歩みを展示しています。旧石器時代には既にこの辺りに人が住んでいた痕跡があるというのが驚きでした。また、内藤新宿宿のジオラマが精巧で見入ってしまいます。また、展示してあるチンチン電車には乗ることができます。
[子供が楽しく遊べる工夫]
結論からいうと、ほとんど工夫されていません。展示の説明にフリガナも少ないです。以前、子供が興味を持ってくれるような仕組みを考えてくれないかと相談された際に近隣の小学生たちが作成した「歴博クイズラリー~小学生のための小学生が作ったワークシート~」ですが、既に受付に置いていないどころか、スタッフが入れ替わっていて存在も引き継がれていない状態なので、こちら(すぐ上とリンク先は同じです)でダウンロードできるようにしておきます。
(クイズラリーの解答編はこちらから)
[体験]
体験できる展示はありません。小田急線の昔のロマンスカーの運転席が休憩スペースにおいてあるくらいです。
【総合満足度】★★★ (5点満点で3点)
子供が「歴史好き」なら一度は行ってみる価値があると思います。何度も足を運びたくなるような施設かと言われると、、、でも、行けば何か発見があります!

[詳細データ]
名称:新宿区立新宿歴史博物館
入館料:小・中100円(土日祝は無料)、大人300円等
住所:東京都新宿区四谷三栄町12-16
ホームページ:https://www.regasu-shinjuku.or.jp/rekihaku/
※休館日、入館料等は、行く前にホームページ等でご確認ください。

4.迎賓館赤坂離宮

[展示物]
何と言っても外国から来た要人をもてなすための「迎賓館」なので、絢爛豪華な品々ばかりです。昔のヨーロッパ貴族の世界に迷い込んだかのような気分になれます。
[子供が楽しく遊べる工夫]
端的に言うと、ありません。子供を楽しませることを目的にしていないので。ただ、この豪華な館内を歩くだけで、子供も楽しめると思います。小学1年生だったころの娘と行った際も、非常に喜んでいました。
[体験]
体験メニューもありません。
【総合満足度】★★★ (5点満点で3点)
やはりただ“見る”ためだけの施設なので、ここだけを目的に行くのは子供向きではないと思います。近くの「みなみもと町公園」や「外濠公園」とセットにすることをお勧めします。

[詳細データ]
名称:迎賓館赤坂離宮
入館料:小学生以下無料、中高500円、大学1,000円、一般1,500円等
住所:東京都港区元赤坂2丁目1-1
ホームページ:https://www.geihinkan.go.jp/akasaka/
※休館日、入館料等は、行く前にホームページ等でご確認ください。

5.漱石山房記念館

[展示物]
夏目漱石の書斎を再現している部屋があります。その他、漱石やその弟子たちなどの資料が展示してあります。
[子供が楽しく遊べる工夫]
特にありません。強いて挙げるなら、黒猫(の絵というかパネルというか)があちこちにひそんでいるので、それを見付けるのは楽しめるかもしれません。
[体験]
子供が楽しめるような体験できる展示はありません。
【総合満足度】★★ (5点満点で2点)
夏目漱石に多少興味がある、という年齢にならないと全く面白くないと思います。子供が本好きでしたら、一度くらいは寄ってみてもいいかもしれません。

[詳細データ]
名称:新宿区立漱石山房記念館
入館料:小中100円(土日祝無料)、一般300円等
住所:東京都新宿区早稲田南町7
ホームページ:https://soseki-museum.jp/
※休館日、入館料等は、行く前にホームページ等でご確認ください。

以上、子供連れで楽しめる曙橋周辺の施設をご紹介しました。
私が休日、小学生の娘と曙橋周辺で遊ぶ際に一番多いパターンは、「中央図書館か戸山図書館」と「戸山公園」のセットです。戸山公園のアスレチックで身体を動かした後、図書館で本を借りるというのが多いです。戸山公園のアスレチックは、もう少し種類を増やしてくれるといいのですが。

© 2019 新宿マンション評価 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.