閉じる

曙橋(新宿)に住むことをお勧めする5つの理由

あけぼのばし商店街の入口にあるアーチ
東京都新宿区の曙橋(という地名はないのですが)周辺に住んで十数年、生まれ育った地元民ではないですが、子供を3人この街で育てた(一人はまだ子育て中)経験から、この街をお勧めしたいと思います。

久し振りにあった友人に「どこに住んでるの?」と聞かれ、「新宿の曙橋」と答えると、「新宿って人が住めるのかよ。」と言われることがあるのですが、なかなかどうして、ここ曙橋は、繁華街の“新宿”や“歌舞伎町”から徒歩圏でありながら、治安もよく、商店街もあるなど、街のまとまりもよく、非常に暮らしやすい街なのです。

その理由は、沢山ありますが、災害に強い高台の立地が付近に多いこと等、特にここ曙橋に住んで良かったと思える上位5つの理由をご紹介します。

1.治安の面

この図は、警視庁が公開している「犯罪情報マップ」のキャプチャーで、昨年度の全刑法犯の犯罪発生数を表したものです。
が中心線で、ここではあけぼのばし商店街の入口付近を指しています。
濃い緑色は、1年間の犯罪発生数が25件以下であったことを示しており、曙橋周辺は、犯罪の少ない“安全”な街であることが分かります。

新宿駅や伊勢丹などの新宿の繁華街も徒歩で行くことが可能ですが、明治通りが近付くと黄色やオレンジ色となり、犯罪発生数が多くなります。別の言い方をすれば、新宿の繁華街から1㎞ちょっと東に来るだけで、安心安全な住宅街が広がっているのです。

曙橋周辺は、子供がいるファミリー世帯が絶対的に重視したい『治安の良い街』です。

2.医療の面


ここ曙橋は、大江戸線の若松河田駅ができる前は『東京女子医大病院』の最寄駅でした。あけぼのばし商店街を北に通り抜けると『東京女子医大病院』がありますし、その先、北西方に進めば、『国立国際医療センター』があります。また、南方にも、『慶応大学病院』があります。『国立国際医療センター』も『慶応大学病院』も、曙橋駅から直線で1.2㎞以内です。

私の娘も小さい頃は身体が弱かったので、夜中に『東京女子医大病院』におんぶして駆け込んだり、救急で『国立国際医療センター』に運び込まれたこともありました。ちょっとした風邪などでしたら大きな病院は必要ありませんが、命の危険を感じるような事故にあったり症状が出たときには、近くに大きな病院があることが本当に心強かったです。

曙橋周辺は、子供に万が一のことがあった場合でも、“安心できる”施設が周辺に多くあります。

3.買物利便性の面


曙橋駅の周辺には、居住人口が増加するに伴い、スーパーマーケットがあちこちにできました。「まいばすけっと」も、曙橋駅徒歩圏でも数店舗ありますし、生鮮食料品の買物には困らないと思います。
ドラッグストアも、各駅付近に必ずあります。100円ショップも、牛込柳町駅や市ヶ谷駅、東新宿駅の近くにあります。以前は、あけぼのばし商店街にも100円ショップがあったのですが、残念ながら閉店してしまいました。
ただ、子供用のキャラクターのついた文房具や子供服等は、近所ではほとんど売っていません。うちも、電車に乗って、木場駅の「イトーヨーカドー」や錦糸町の「アカチャンホンポ」まで買いに行っていました。
※子供服も、H&Mなどは新宿にありますが、入学前等で文房具や靴も含め一式揃えたい場合などは、木場公園で遊ぶついでにイトーヨーカドー木場店に行ってしまいます。電車で40分もかかりませんし。

そして、何より曙橋には『商店街』があります。曙橋周辺は、買物利便性も高いですが、子供が安心して歩ける商店街が健在です。現在、この周辺に住んでいる方からも「商店街があったから、曙橋を選んだ。」という声を聞くこともあります。

4.防災の面


曙橋駅付近の「市谷仲之町」には、新宿区防災センター』(上の画像)があります。この防災センターは、新宿区役所が被災して機能が停止した場合のバックアップ機能も担っており、本センターは周辺住民のために存在する訳ではないですが、近くにあるのは安心です。
また、曙橋駅から歩いてすぐのところに『防衛省』『警視庁第五機動隊』もあります。これらも、周辺住民がおいそれと活用できる施設ではありませんが、いざというときに、近所にあるというのは安心感があります。

避難所となっている近所の小学校を拠点に、周辺町会が防災について活動しており、「避難所開設キット」を早期に導入したり、周辺の学校と広域的な避難所運営を模索しています。役所に言われるまま惰性で訓練をしている避難所もあると聞くので、そのような地域と比較すれば、住民の意識も高く、安心な場所だと感じます。

5.コストパフォーマンスの面

都営新宿線路線図の山手線内の駅(クリックすると東京都交通局が表示されます)

曙橋駅は、山手線内の都営新宿線沿線駅の中で、賃料や物件価格が“一番安い”駅です。
“安い”一番の理由は、曙橋駅は乗り換えがないことです。山手線内の都営新宿線の駅は、曙橋駅以外、すべて他の路線と接続しています。
しかし、都心へのアクセスに不便を感じるような場所ではありませんし、何より、都営新宿線沿線なら、曙橋駅を選ぶべき理由があります。

それは、駅のすぐ近くに“高台(武蔵野台地)”があることです。
市ヶ谷駅も高台がありますが、相場が桁違いに高くなる千代田区が多くなります。九段下駅も靖国神社の方に上ると高台ですが、千代田区であること以上に(高台の)物件数が少ないです。九段下駅より東の駅は、そもそも低地であり、地盤も悪く、水害や地震の際の心配が大きくなります。
特に「購入」を検討する場合は、大災害の際に建物に被害の出る可能性が低い“高台”の立地を選ぶべきだと思います。
また、曙橋駅より西側の新宿三丁目駅は、ご存知の通り、新宿の繁華街であり、治安も劣り、ファミリーが住むような場所ではありません。

曙橋周辺は、コストの面でもお勧めですが、何より災害にも強い環境(高台)が駅の近くに広がっています。コストを考えず、パフォーマンス(安心安全な環境)だけを考えても、都営新宿線沿線でBESTと言える場所です。

※曙橋駅という趣旨からはズレますが、このコストパフォーマンスという面では、都営大江戸線の「飯田橋駅~若松河田駅」徒歩圏の高台の物件もお勧めです。

以上、主に「安心安全」にスポットを当てて『曙橋』をご紹介してきました。
この周辺の小学校は、学力テスト等でも新宿区の平均を上回っていることが多いと聞きますし、品の良い子供が多い印象です。中学校の先生から「おとなしい」「もうちょっと元気でもいい」と言われたりもしましたが。

自転車に乗れば、新宿御苑や戸山公園は勿論のこと、私などは北の丸公園などにも行ってしまいます。神宮外苑も自転車だとすぐです。歩いてすぐに大きな公園、という環境ではないですが、土日に子供と遊ぶには困らないくらいの選択肢はあります。
(そもそもどこに出掛けるにも便利な場所ですし。)

都心部でありながら、災害の際の不安の少ない“高台”立地で、安心安全な子育てのできる『曙橋』、お勧めです!!

© 2019 新宿マンション評価 | WordPress Theme: Annina Free by CrestaProject.